1. トップ
  2. 観光案内

観光案内

  • 宮崎県 南部

    県南エリアは、青い海に囲まれた南国の事前の中で、遥かな古代ロマンと歴史あふれる豊かな場所です。
    • 当ホテルより車で5分

      【宮崎市】青島 

      南海岸の青島は周囲が1.5kmの島で、橋と陸で結ばれています。 周囲には波状岩が広がり、これは「鬼の洗濯板」と呼ばれ国の天然記念物に指定されています。

      島内には樹齢300年を超えるビロウ樹(3000本以上)をはじめ、多くの亜熱帯植物(27種)が茂り、
      こちらも国の特別天然記念物に指定されています。
      島の中央にある青島神社は、海幸彦・山幸彦の伝説でも知られ、縁結びの杜として有名です。
      周辺にはお土産屋さんもございます。
    • 当ホテルより車で5分

      【宮崎市】青島神社 

      青島の中にある神社で、縁結びの神社として知られています。
      日向七福神のひとつで、琵琶を抱いた美しい弁天像があります(事前予約で拝観することができます)。
      祭神/ヒコホホデミノミコト(山幸彦)、トヨタマヒメ(豊玉姫、山幸彦の妻、海神の娘)、シオツチノオキナ(塩土の翁)。

      神社が創建された年代は明確ではありませんが、国司巡視記「日向土産」に″嵯峨天皇の御字奉宗青島大明神(さがてんのうのぎょうあがめまつるあおしまだいみょうじん)″と記されており、820年代以前から奉祀されていたと思われます。
      古くは島全体が霊域とされ、江戸の頃まで一般の入島は許されませんでした。
      旧暦3月16日から3月末日まで期間に限って一般の入島が許され、しかも他領人の渡島参拝は禁じられていました。
      その後元文2年(1737)5月23日他領人の参拝が許され、全国の信者が参集するようになりました。
    • 当ホテルより車で約10分

      【宮崎市】こどものくに

      東は青島を望む青島海岸につながり、750種13万5千本の亜熱帯植物が群生する自然の丘や谷、川の地形を生かしてつくられました。
      バラ園、ツバキ園、ルビー園では、四季折々の花々が楽しめる花壇や、子ども向けの遊具、川遊びを楽しむボートなどがあります。


      みやざきフラワーフェスタのメイン会場です。
      (毎年3月から5月。フラワーフェスタ期間中は特別料金)
    • 当ホテルより車で約10分

      【宮崎市】堀切峠

      眼下に広がる太平洋、海岸線に続く波状岩、フェニックス並木など、日南海岸随一の雄大な景観が展望できます。
      昭和40年代の新婚旅行ブームで、青島や日南海岸、堀切峠は一大観光地となりました。
      その頃、フェニックスドライブインとして親しまれた施設が、そのまま現在の道の駅となっています(平成17年4月16日より)。
      海沿いの遊歩道を降りると、鬼の洗濯板が続く海岸に出ることができます。

      <道の駅フェニックス>
      日南海岸ドライブの休憩スポット。四季をして通して美しい花々が咲き誇り南国情緒いっぱいです。
      1階では地元の特産品をはじめ、アシタバやエビ、マンゴーを使ったソフトクリームなどを販売。
      2階はレストラン、3階は展望フロアとなっています。
    • 当ホテルより車で約20分

      【宮崎市】宮崎県総合運動公園

      広大な敷地には各種のスポーツ施設が点在する総合運動公園です。581,000平方メートルの松林や、園内に植栽された約250種350,000本の花木、バラ園、ツバキ園など大小の花壇、宮崎の自然を模した大規模な日本庭園「日向景修園」、子ども向け遊具がある広場などがあり、園内の散策も楽しめます。
      読売巨人軍の春季・秋季キャンプ会場です。
      置県80周年記念事業のひとつとして、近代的な施設を有する総合体育施設として建設されました。県が推進する「スポーツランド宮崎」の中心的な施設として、プロスポーツ団体などのキャンプや、全国規模の大会にも利用されています。
    • 当ホテルより車で約40分 神武天皇を祭神とし、左の相殿に父ウガヤフキアエズノミコト、右の相殿に母タマヨリヒメをおまつりしてあります。

      【宮崎市】宮崎神宮

      狭野杉で造営された流れ造りの清楚な社殿です。旧官幣大社。
      東神苑には樹齢400年以上と推定される「オオシラフジ」(天然記念物)があり、宮崎神宮の大きな森は野鳥たちの楽園となっています。
      神宮の森の北端には、県総合博物館、埋蔵文化財センター、県内の古民家を移築保存した民家園があります。

      「崇神天皇の御字、宮殿の御造営あり、次いで景行天皇熊襲御親征に当り、御建宮あり、更に応神天皇の御字日向国造老男これを鎮際し、後世後鳥羽天皇代建久8年(1197)地頭土持氏社殿を造営し、正保元年(1644)文化10年(1813)天保10年(1839)に造営改築される。

      明治6年(1873)5月宮崎神社と改称、県社。
      明治11年(1878)11月宮崎宮と改め、明治18年(1885)4月24日官幣大社に昇格。
      大正2年(1913)7月4日宮崎神宮と改称」
    • 当ホテルより車で約45分

      【宮崎市】宮崎市生目の杜運動公園

      野球場(総面積33,946平方メートル)、屋内多目的運動場(総面積6,777平方メートル)、多目的グラウンド、陸上競技場(第3種公認競技場)、テニスコートを備えた運動公園です。
      野球場(アイビースタジアム、第2野球場)、はんぴドーム、多目的グラウンドA、B、陸上競技場(400mトラック)、体育館、テニスコート
      ソフトバンクホークスの春季、秋季キャンプ会場です。
    • 当ホテルより車で約40分 標高60mの丘に広がる平和台公園は季節の花と緑が美しい公園です。 宮崎市街地を見渡せる平和の塔や、古代ムードあふれる「はにわ園」、自然林や丘の起伏をいかした遊歩道、アスレチック広場などが整備されています。

      【宮崎市】平和台公園

      <歴史>
      昭和14年(1939)、皇紀2600年の記念事業として着工し、昭和15年11月15日竣工した平和の塔(高さ37m)があります。基部面積は1023平方メートル。
      設計は日名子実三氏で工費は67万円。昭和40年8月には東京の日比谷公園と姉妹公園となり、同園からハトが贈られています。
      <はにわ園>
      平和の塔の北側の森にあり、面積は9,000平方メートル。古墳を型どった盛土の上に、日本各地から発掘された埴輪、土器などの複製品が約400基配置され、古代ムードをかもしだしています。
      昭和39年の東京オリンピックの時、国内聖火リレー第2コースの起点となったのが平和台公園で、そのときに使用された聖火台もあります。
    • 当ホテルより車で約50分

      【宮崎市】垂水公園

      高台にある園内からの眺望が楽しめます。約3500本のサクラがあり、約2キロの桜並木は、通称:チェリーロードと呼ばれています。
      サクラの種類はソメイヨシノ、ヤマザクラ、八重桜などがあり毎年3月下旬~4月上旬にかけて桜祭りが行われています。祭り期間中はライトアップも。
    • 当ホテルより車で30分

      【日南市】サンメッセ日南

      日南海岸の小高い丘の上に位置する「サンメッセ日南」。ここには世界七不思議のひとつに上げられているモアイ像があります。
      高さ5.5mにも及ぶ完全復刻されたイースター島のモアイ像7体が立つ景観は見事に青い海と調和されています。
      右から2番目のモアイ像を触ると金運、左から3番目は恋愛運が上昇すると言われています。
    • 当ホテルより車で40分

      【日南市】鵜戸神宮

      「鵜戸さん」と親しみを込めて呼ばれる宮崎県南で最も有名な神社。
      太平洋に突きだした鵜戸崎岬の突端にある洞窟の中に、朱塗りの色鮮やかな御本殿がご鎮座する珍しいものです。
      岬のまわりには奇岩、怪礁が連なり太平洋の荒波が打ち寄せて、美しい景勝地となっています。
      また、男性は左手、女性は右手で願いを込めながら運玉を投げ、亀石と呼ばれる岩の枡形に入れれば願いが叶うといわれています。

      ぜひ一度、運を占ってみてください。
    • 当ホテルより車で1時間

      【日南市】大手門

      木造渡櫓(とろ)、本瓦葺き(ふき)の重厚な造りの江戸時代の櫓門

      ここ大手門は、飫肥城を訪れた人達が最初に目にする建築物です。この大手門は樹齢100年以上の飫肥杉を4本使い、昭和53年(1978)7月に復元されました。
    • 当ホテルより車で1時間

      【日南市】飫肥城下町

      飫肥は、天正16年(1588)から明治初期までの280年間飫肥藩・伊東氏5万1千石の城下町として栄えたところです。武家屋敷を象徴する門構え、風情ある石垣、漆喰塀が残る町並みは、昭和52年に重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

      昭和53年に復元された大手門を中心に、松尾の丸や藩校振徳堂、伊東家の歴史を綴る貴重な資料が展示されている飫肥城歴史資料館があります。また、 商人町通りには樽を店頭に置いた商家や、格子に壁燈籠、番傘を飾った商家が軒を連ね、町を流れる堀割の清流など、江戸時代を彷彿とさせる町並みが楽しめます。
    • 当ホテルより車で約1時間40分

      【日南市】道の駅 酒谷

      国道222号を日南市から都城市へと向かうと、美しい飫肥杉に囲まれた日南ダム湖が現れ、その先に一際目立つ茅葺き屋根が「道の駅酒谷」です。
    • 当ホテルより車で1時間30分

      【串間市】幸島

      宮崎県南部に位置する串間市の無人島に、約100匹のサルが生息しており、
      ここのサルは、サツマイモを海の水で洗って食べるという珍しい習性を持っています。
      渡し船を使って島へ渡る事もでき、透き通るような青い海を眺める事ができます。
    • 当ホテルより車で2時間

      【串間市】都井岬

      岬馬とも言われており、野生の馬が生息しています。
      日本在来馬として、国の天然記念物にも指定されました。
      広大な自然と海を一望できる絶景ポイントとなっております。
    • 当ホテルより車で約1時間45分

      【えびの市】えびの高原

      えびの市の南に広がるえびの高原。標高1200m、我が国最初の国立公園に指定された霧島屋久国立公園の北部に位置し、豊かな自然の宝庫としても知られる県内屈指の観光エリアです。トレッキングスポットとしても人気の高い韓国岳や甑岳をはじめ大小さまざまな山々がすそ野を広げる高原内には不動池、六観音御池、白紫池などの火山湖が点在します。春から初夏にかけては世界中でここだけに自生する天然記念物のノカイドウや霧島を代表するミヤマキリシマ、その後にも大山レンゲ、夏つばきなどが見られ、秋には鮮やかな紅葉で彩られ1年を通して楽しむことができます。
  • 宮崎県北部

    県北エリアは、高千穂えお中心とするスピリチュアルスポットや神話の宝庫でもあり、神々の存在を身近に感じられる神秘的な場所
    • 当ホテルより車で1時間

      【西都市】西都原古墳群

      約300余基の古墳を有する西都原古墳群。
      広大な自然の中に、考古博物館や、古代生活体験館などさまざまな施設を設けており、
      春には、御陵墓前を中心に菜の花と桜が花を咲かせ、夏には一面に広がるひまわり畑に目を奪われます。
      また、毎年11月第一土曜日・日曜日に開催される「古墳祭り」に合わせて、約300万本のコスモスが西都原古墳群一帯に咲き誇ります。
    • 当ホテルより車で約2時間

      【日向市】クルスの海

      柱状岩が波の浸食で十文字に裂け、「クルス」はポルトガル語で「十字」を意味する事から
      「クルスの海」と称されています。
      また、十文字に割れた岩の外に小さな岩場があり、それを合わせると「叶」という字に見え
      ここで祈りを捧げると願いが叶うと言われています。
      訪れた方の願いを天に託す為「クルスの鐘」を設置し、二つの重なる曲線は、お互いの足りない部分や弱い所を補い合い
      相手を思いやる姿を表現し、上に向かい細くなる形は、願いが天に向かう意味を表しているそうです。
    • 当ホテルより車で2時間50分

      【高千穂町】高千穂峡

      高千穂峡は、その昔阿蘇火山活動の噴出した火砕流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、 急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった渓谷。
      この高千穂峡は、1934年(昭和9)11月10日名勝・天然記念物に指定されています。
      (高千穂観光協会より)
    • 当ホテルより車で2時間50分

      【高千穂町】天安河原

      天岩戸神社西本宮から岩戸川に沿って徒歩で約10分、天照大神(アマテラスオオミカミ)が岩戸にお隠れになった際、天地暗黒となり八百万(やおよろず)の神がこの河原に集まり神議されたと伝えられる大洞窟。
      別名「仰慕ヶ窟(ぎょうぼがいわや)」とも呼ばれています。以前は社のみがあり信仰の対象となっていたが、いつのまにか祈願を行う人たちの手によって石が積まれていくようになりました。
      現在では無数にある積まれた石が天安河原の神秘的かつ幻想的な雰囲気を一層引き立てています。